名古屋ガイドウェイバス志段味線 大曽根駅を訪ねる~ゆとりーとラインの起点駅~

名古屋ガイドウェイバスの大曽根駅は志段味線の起点駅。地上3階建ての立派な高架駅からは、中志段味・高蔵寺方面の路線バスが頻繁に発着します。

名古屋ガイドウェイバス志段味線 大曽根駅


大曽根駅は名古屋ガイドウェイバス志段味線(以降:ゆとりーとライン)の起点駅です。

ゆとりーとラインはガイドウェイバスと呼ばれる新交通システム。鉄道のように専用軌道を走行しますが、車両の規格は路線バスと同じなので、一般道路も走行できます。ガイドウェイバスは欧州などでは複数の導入実績がありますが、日本で営業運転しているのはゆとりーとラインのみ。

他路線と独立した大曽根駅舎 (2014)

大曽根駅はJR中央本線と市営地下鉄名城線、名鉄瀬戸線が乗り入れる名古屋有数のターミナル駅。ゆとりーとラインの駅は名鉄線とJR線の駅舎と並ぶように建っており、各路線ともすぐに乗り換えることができます。

駅舎は他の路線と独立した高架駅。

東京の日暮里舎人ライナーや神戸のポートライナーのような、ほかの新交通システムと似た立派な駅舎です。

2階のコンコース (2014)

地上3階建てで、2階部分はコンコース。

大曾根駅はゆとりーとラインで唯一の有人駅のため駅事務室も設けられています。一応改札のようなものが設置されていますが、一般の路線バスと同じく運賃は車内で支払うシステムです。

3階にあるプラットホーム (2014)

3階のホームは乗車ホームと降車ホームに分けられた相対式の2面2線構造。車両は一般の路線バスと同じサイズですので、ホーム自体はコンパクトです。乗車ホームには上り専用エスカレーターが、降車ホームには下り専用エスカレーターが設けられています。

乗車ホームは乗り場は2つ。前方の1番線は小幡緑地または中志段味行き、後方の2番線からは比較的運行距離が長い高蔵寺またはサイエンスパーク経由の中志段味行きが発着しています。ゆとりーとラインは途中の小幡緑地駅までが専用軌道で、そこから先は一般道路を走ります。

大曽根駅には回転場が併設されている (2014)

高蔵寺駅は起点のため、駅には車両が折り返すための回転場と駐車場が併設されています。降車ホームで乗客を降ろしたバスは一度回転場で折り返し準備を行ってから乗車ホームに入線してくる流れです。


地上からの階段 (2014)
出発を待つ中志段味行きのバス (2014)
大曽根駅を出ると高架橋は90度に曲がる (2014)

大曽根駅の情報

路線 :名古屋ガイドウェイバス(ゆとりーとライン)
住所 :愛知県名古屋市東区矢田南5丁目
開業日:2001年3月23日
訪問日:2014年1月5日
    ※画像はすべて訪問時に撮影したものです


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。