名古屋鉄道三河線 豊田市駅を訪ねる~豊田線も乗り入れるターミナル駅~

名古屋鉄道三河線の豊田市駅は豊田市街地にあるターミナル駅です。三河線のほか地下鉄に直通する名鉄豊田線も当駅から発着しています。

名古屋鉄道 三河線 豊田市駅


豊田市駅は名古屋鉄道三河線の駅です。

隣の梅坪駅から名鉄豊田線の全列車が当駅まで乗り入れてきているため、実質的に三河線と豊田線2路線が乗り入れる駅となっています。豊田市街地の中心部に位置しており、隣接する愛知環状鉄道の新豊田駅と併せて市内最大のターミナル駅です。

駅は単式1面1線と島式1面2線の計2面3線構造の高架駅です。

ホームは地上3階、改札や駅事務室はM2階に集約。1階部分は店舗や自由通路となっています。東口と西口どちらにも名鉄バス乗り場があり、東口側からは中部国際空港行きのバスも発着しています。

発着ホームは方面ごとに分けられ、西側から単式ホーム1番線が三河線猿投方面、島式ホーム内側2番線が豊田線、外側3番線が三河線知立方面が使用しています。三河線は2両または4両編成での運行ですが、豊田線の車両が6両編成のため、すべてのホームが6両編成停車分の長さがあります。

三河線はほとんどが単線ですが、豊田線の乗り入れる梅坪~豊田市駅間は複線構造。豊田線はすべての列車が当駅折り返しとなっているため、2番線のみ行き止り構造になっていて知立方面の線路と繋がっています。

豊田市駅に停車する列車

出発を待つ三河線知立行きの列車 (2014)

三河線はすべて普通(各駅停車)のみで、ほぼ終日にわたって各方面毎時4本程度の運転があります。三河線は名鉄本線と接続する知立駅で運転系統が分離しており、豊田市駅を含む猿投~知立間は通称:山線と呼ばれています。

豊田線は当駅が実質的な終点であり、折り返し運転を行っています。すべての列車が赤池駅から先、名古屋市営地下鉄鶴舞線の上小田井駅まで直通運転。一部列車は上小田井駅から先、名鉄犬山線の犬山方面に乗り入れています。

豊田線の運転本数は毎時4本程度。名古屋市街地方面を結んでいるので、通勤通学時間帯には運転本数が多くなっています。

愛知環状鉄道の新豊田駅が隣接

豊田市駅の西側には愛知環状鉄道の新豊田駅があります。

豊田市駅と新豊田駅の間は150mほど離れていますが、ペデストリアンデッキで繋がっています。地上に降りずに乗り換えることができますが、どちらの駅も改札口フロアとデッキの高さが微妙に異なっているため階段を上り下りする必要があるのが少し不便な気がします。

豊田市駅の情報

路線 :名古屋鉄道 三河線(豊田線)
住所 :愛知県豊田市若宮町一丁目35番地
開業日:1920年11月1日
訪問日:2014年1月4日
    ※画像はすべて訪問時に撮影したものです


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。