長野電鉄 湯田中駅を訪ねる~湯田中渋温泉郷のある終着駅~

湯田中駅は長野電鉄長野線の駅です。志賀高原や湯田中渋温泉郷の玄関口だけではなく、戦後まもない頃に完成した駅舎や、さらに古い旧駅舎が現存する味わい深い終着駅です。

長野電鉄 湯田中駅


湯田中駅は長野電鉄長野線の終着駅です。

長野線は新幹線や在来線の乗り入れる長野駅を起点に、須坂や信州中野を経由して湯田中駅を結ぶ路線。長野電鉄にはいくつかの支線がありましたが、2011年にすべて廃線となってしまい、現在は長野線のみ営業しています。

終点の湯田中駅は志賀高原への玄関口としても知られ、標高は599m。長野電鉄の駅でもっとも標高の高い駅です。また、夜間瀬川沿いに広がる湯田中渋温泉郷や、猿が温泉に入ることで有名な地獄谷野猿公苑の最寄り駅としても知られています。

湯田中駅の駅名標 (2011)

湯田中駅が開業したのは戦前の1927年。

戦中・戦後は長野駅や屋代駅を経由して国鉄の列車が当駅まで乗り入れて来るなど、多くの人で賑わいました。現在でも、他社線で活躍した特急型車両を使用した特急列車が日中を中心に運転されています。

現駅舎の隣に旧駅舎(右側)が残る (2011)

駅は単式1面1線のホームと駅舎を持つ構造です。

駅舎は戦後間もない1955年に完成したものが現役で使用されています。小ぶりながらも改札前は吹き抜け構造になっていて、観光案内所も併設されています。2022年現在では、有人駅(9:00~17:00)。また、ホームの反対側には開業当時の木造駅舎が「楓の館」として現存していて、国の登録有形文化財に登録されています。

日中と夜間に長野駅直通の特急が走る (2011)

発着する列車はおおむね毎時1、2本。

種別は普通列車のほか、2種類の特急があります。日中は停車駅の少ないA特急、夜間は停車駅の多いB特急が運転されています。普通列車は毎時1本で、朝の時間帯のみ毎時2本。11時と16時は特急のみの運転です。普通列車のほとんどは信州中野行きとなっています。

過去にはスイッチバック構造も

湯田中駅は以前、スイッチバック構造になっていました。

駅周辺は傾斜地にあり、3両編成が停車できる平地を路線上に確保できないため、一度駅を通り過ぎたあと折り返してホームに入線する仕組みになっていました。途中駅にスイッチバックのある駅は、篠ノ井線の姨捨駅やえちごトキめき鉄道の二本木駅などがありますが、終着駅にあるのは非常に珍しいことでした。

1000系(ゆけむり号)が運行を開始する2006年に運休を伴う大規模な改修工事を行い、この構造は解消。駅舎は古いわりにホームや駅周辺が小綺麗なのはそのためです。駅の先に続いていた200mほどの引き込み線も、撤去されて面影は残っていません。

雑多な感じが味わい深い駅構内 (2011)
リンゴ色の特急車両も今は昔 (2011)
小田急ロマンスカーとして活躍していた特急ゆけむり号 (2011)
湯田中駅前に停車中の長電バス (2011)

湯田中駅の周辺と観光名所

湯田中駅周辺の観光名所

湯田中駅前温泉楓の湯、動き岩(湯宮神社)、新湯田中温泉、湯田中温泉、渋温泉、温泉寺、地獄谷野猿公苑、地獄谷噴泉、志賀高原ほか

湯田中駅周辺は志賀高原・渋湯田中温泉郷をはじめ観光名所が多いです。

駅周辺は湯田中渋温泉郷と呼ばれ、夜間瀬川流域に点在する9つの温泉が点在しています。それぞれの温泉で泉質も異なり、湯めぐりを楽しむことができます。駅からもっとも近いのが新湯田中温泉ですが、湯田中温泉、渋温泉も徒歩圏内。湯田中駅旧駅舎の隣には日帰り温泉施設「楓の湯」があり、外にある足湯は無料で利用できます。

特に有名な石畳のある渋温泉街で、9つの共同浴場があります。

立ち並ぶ旅館も個性的で、自家源泉を持つ旅館も多いです。昭和初期の木造建築が残る金具屋が人気。宿泊すると外湯のカギを貸してもらうことができ、湯めぐりができます。外湯9カ所のうち、街の中央にある大湯のみ日帰り入浴が可能です。

路線バスで足を伸ばせば、秘湯として知られる地獄谷温泉があります。

国天然記念物に指定された渋の地獄谷噴泉と呼ばれる間欠泉のほかニホンザルが温泉に入る姿を眺めることができる地獄谷野猿公苑が人気。後楽館とよばれる一軒宿があり、こちらの露天風呂にもニホンザルが入りに来るとか。スノーモンキーパークバス停から片道30分の距離がありますのでご注意を。

さらに夏は避暑、冬はスキーで有名な志賀高原奥志賀高原方面にも路線バスで行くことができます。志賀高原山の駅周辺には大小さまざまな池が点在し、新緑から紅葉まで美しい景色を楽しむことができます。路線バスの終点・渋峠は群馬県との県境にあり、施設内に県境があることで有名な渋峠ホテルがあります。標高2,307mの横手山はすぐそばです。バスの本数は決して多くはないので、レンタカーもおススメです。

路線バス(長電バス)は湯田中駅前から発着。最新の運行状況はHPでご確認ください。

渋温泉について紹介している雑誌はこちら

湯田中駅の画像

湯田中駅の情報

路線 :長野電鉄 長野線
住所 :長野県下高井郡山ノ内町湯田中3227-2
開業日:1927年4月28日
訪問日:2011年1月6日


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です