全線で急行運転開始!【東武アーバンパークライン】2020年3月ダイヤ改正のポイント

2020年3月14日に、東武野田線(アーバンパークライン)でダイヤ改正が行われます。

野田線では自社による沿線開発とともに路線や駅の改良工事に加え、2度のダイヤ改正を行っていきました。今回のダイヤ改正では全線で急行運転を開始するなど、大幅な変更が加えられ利便性の向上が見込まれています。

この記事では,3月14日のダイヤ改正の変更点などポイントを紹介してきます。

ダイヤ改正のポイント

  1. 急行運転を全線で開始
  2. 区間急行の新設
  3. 終電時刻の大幅繰り下げ
  4. アーバンパークライナーの増発

まず、今回のダイヤ改正のポイントを紹介します。
今回の改正で最大のポイントは全線での急行運転の開始です。

今まで大宮~柏駅間で行われていた急行の運転区間を全線に拡大します。
普通列車しか走っていなかった柏~船橋駅間をはじめ、野田線内での所用時間が大幅に短縮される見込みです。急行は全線のほか柏~船橋駅間でも設定されます。

急行の運転区間変更に伴い、大宮~柏駅間で運転していた従来の急行の呼称を区間急行へ変更します。大宮~柏駅間では,ダイヤ改正後は船橋方面へ直通する急行、柏止まりは区間急行、各駅に停車する普通の3系統が走ることになります。

全線で急行運転を開始

出典:東武鉄道株式会社

本格的な急行運転開始

野田線では、全線(大宮~船橋駅間)を通した急行運転が開始します。
これにより、普通列車のみ走っていた千葉県側での所要時間が大幅に短縮される見込みです。

■運河~船橋駅間
現状49分→改正後34分(最大15分短縮)

■柏~船橋駅間
現状30分→改正後19分(11分短縮)

また、全線でも16分ほど短縮されます。

急行停車駅

大宮、岩槻、春日部、藤の牛島、南桜井、川間、七光台、清水公園、愛宕、野田市、梅里、運河、流山おおたかの森、柏、高柳、新鎌ケ谷、船橋

春日部~運河駅までの間は各駅に停車します。
流山おおたかの森でつくばエクスプレス線と、新鎌ヶ谷で北総線と新京成線と乗り換えが可能です。

全線での急行運転を行う時間帯は、9時から16時までのデータイムのみ。
朝夕のラッシュ時間帯の急行は柏〜船橋駅間での区間運転となります。

運転本数は平日は1日あたり69本、土日祝日は65本設定されます。
運転間隔は朝夕のラッシュ時間帯は柏〜船橋駅間で毎時2本、データイムは大宮〜船橋駅間で毎時2本運行します。

これまでの運転体系

東武野田線は最近まで各駅に停車する普通列車のみ運転していました。

最初に急行列車が最初に登場したのは2016年のダイヤ改正時。
急行とはいっても実際に急行運転を行っている区間は大宮~春日部駅間と短く、春日部から先の運河方面では各駅に停車していました。

要因としては単線区間が多く、ダイヤに制限があるためです。
早くから複線化されていた大宮〜春日部駅間のみ急行を走らせることができました。

今回は船橋側の単線区間である逆井〜六実駅間の複線化と、高柳駅の大幅改良工事が完了したことにより、新たに急行運転区間を拡大することができました。なお、春日部~運河駅間には現在も単線区間が存在するため、急行でも各駅に停車します。

区間急行の新設

今回のダイヤ改正では区間急行が新設されます。

急行が全線で運転することに伴い、
大宮~柏駅間で運転されていた急行は区間急行へと呼び名が変わります。

停車駅は大宮、岩槻、春日部と柏駅までの各駅です。

運河~柏駅間各駅の列車頻度確保を目的に設置されるようで、平日の本数はあまり多くありません。

平日朝に上り大宮方面が2本(柏駅発8時台に2本)、平日夜に下り柏方面が2本(大宮駅発16時台に2本)のみです。休日は上り大宮方面は全時間帯で11本、下り柏方面は16時以降に9本設定されています。

終電時刻の大幅繰り下げ

出典:東武鉄道

他社線乗換駅における終電時刻を大幅に繰り下げます。

都心方面から来る他社線下り終電車から、野田線へと乗り継ぐことのできるよう時刻が改正されます。 繰り下げ時刻は12分から最大34分となっています。

今までは他社線よりも終電時刻が早かった野田線ですが、都心方面からの列車と接続が可能となりベッドタウンとしての利便性が高まります。 なお、柏~船橋駅間での終電時刻は軒並み30分以上繰り下げられるため、利便性が大幅に向上します。

JR常磐線下り列車は深夜1時以降まで到着する柏駅では終電との接続は行いませんが、下り高柳行きの発車時刻は34分の繰り下げを行います。

アーバンパークライナー運転区間拡大

出典:東武鉄道

野田線を走る特急アーバンパークライナーの運転区間が拡大します。

■改正前
①浅草・春日部~大宮・野田市間
②大宮~運河間

■改正後
①浅草・春日部~大宮・柏間
②大宮~柏間

平日夜間に野田線内で運行していた特急は、スカイツリーラインから乗り入れてくる浅草始発の系統と野田線内大宮始発の2種類の系統に分かれています。

スカイツリーライン経由の特急は、春日部駅で分割され大宮方面と野田市方面に分かれます。これまで野田市止まりでしたが、改正後は柏駅まで運転します。大宮発運河行きの特急は運行区間に変更はありませんが、柏発春日部行きが新たに運行します。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です