JR中央本線 高尾駅~天狗と木造駅舎のある終着駅~/訪問記&画像

JR高尾駅天狗像

今回は中央本線の高尾駅です。
高尾山など日帰りハイキングの玄関口として賑わうターミナル、高尾駅を画像とともに紹介します。

JR中央本線・京王高尾線 高尾駅とは

高尾駅はJR中央本線と京王高尾線の駅。

八王子市街地の西端に位置し、2路線が乗り入れるターミナル駅です。高尾山の最寄り駅は京王高尾線の高尾山口駅ですが、裏高尾や陣馬山へ向かう路線バスは当駅から発着。また、周辺には大学など教育機関も多く駅前からの路線バスが充実しています。

JRが管轄する北口と京王線が管轄する南口では駅前の雰囲気が異なることが高尾駅の特徴です。

駅には路線を跨ぐ自由通路がなく南北に分断されていて、駅の向こう側に行くことが難しい環境になっています。自由通路を造る計画は以前からあるようですが具体化されずに現在に至っています。

JR線と京王線の駅は専用改札口で繋がっており、乗換えは簡単に行うことができます。

JR中央本線 高尾駅(北口)

JR中央本線の高尾駅は中央特快を含む普通・快速列車はすべて停車します。

中央本線は高尾駅を境に東京方面と甲府方面で運転系統が分離。東京駅を起点とする中央線快速列車(オレンジ)のほとんどは当駅で折り返し運転を行っており、高尾から先の甲府方面へ向かう中距離列車(水色)も多くは高尾駅を起点としています。そのため、同一路線ですが終着駅のような雰囲気を纏っています。ただし、近年は朝晩を中心に高尾駅を超えて東京と大月・富士急行線河口湖方面を直通する列車も設定されています。

駅構内は島式ホーム2面2線に加えて通過線と留置線もあります。北側にある1番線は行き止りの切欠きホームで、当駅折り返しの快速列車専用。そのほかのホームは流動的ですが、快速列車と中距離列車の乗り継ぎは基本的に同一ホームで乗換えられるようになっています。

JRが管轄する北口改札は関東の駅百選にも選ばれた寺社風の木造駅舎が現役で使用されています。駅舎は地上にあるため、直接1番2番ホームと繋がっています。3,4番ホームと京王線の高尾駅に行く場合は改札内の跨線橋を渡ります。北口改札から京王線に乗車したい場合、一旦JR線のホームを経由する必要があります。

また、3,4番線ホームの東京寄りには巨大な天狗の石像が設置されています。これは高尾山の天狗信仰にちなむもので、夜間はライトアップされて独特の雰囲気を醸し出しています。

北口周辺は小ぢんまりとした印象で、すぐ近くを甲州街道が走っています。商業施設などは少ないですが、ハイキングに便利な陣馬高原下行きや小仏行きの路線バスは北口から発着しています。

高尾駅の観光名所

多摩御陵、多摩森林科学園、高尾駒木野庭園、八王子城跡、小仏峠・景信山・陣馬山方面

京王高尾線 高尾駅(南口)

京王高尾線高尾駅
京王高尾線の高尾駅ホーム

京王高尾線の高尾駅はMt.TAKAO号を含めたすべての列車が停車します。

駅構造は2階が改札階、3階に島式1面2線のホームがあります。高尾線の終点はひとつ先の高尾山口駅ですが、朝晩をに数本だけ当駅始発の新宿行きが設定されています。新宿方面の優等列車は平日は朝が準特急と急行、日中が特急、18時以降はすべて各停での運転です。休日は高尾山の利用者も多いためほぼ高頻度で準特急が走ります。

京王が管轄する南口は北口に比べて栄えており、駅前には近年リニューアルされた京王系の商業施設をはじめ、徒歩圏内には大和ハウスグループのショッピングモール「イーアス高尾」もあります。南口バスロータリーからは路線バスのほか空港連絡バスも発着しています。

高尾駅の画像

中央本線ホームの天狗像
JR高尾駅天狗像
中央本線ホームの天狗像
中央本線ホームの天狗像
主に高尾以西で活躍する中央本線の211系
4番線に停車する当駅始発の快速
京王線(左)とJR線(右)の駅は隣り合っている
高尾駅出口ご案内
周辺には霊苑が多い
南口の京王線駅舎
京王高尾線高尾駅
JR・京王線連絡改札
京王高尾線高尾駅
京王線高尾駅ホーム

高尾駅の情報

路線 :JR中央本線、京王高尾線
開業年:1901年8月1日
住所 :東京都八王子市高尾町
訪問日:2020年3月6日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です