相鉄線直通開始!2019年11月JR埼京線ダイヤ改正と新宿駅の変更点

ダイヤ改正情報

2019年11月30日(土)に相鉄線およびJR埼京線でダイヤ改正が行われ,相鉄・JR直通線の運転が開始されました。

相鉄JR直通線は,相鉄線西谷駅から羽沢横浜国大駅間の連絡線を通じて,相鉄本線とJR埼京線が相互直通運転を行うものです。直通運転は基本的に埼京線新宿駅〜相鉄線海老名駅で行われます。

ダイヤ改正開始直後の12月1日(日)にJR新宿駅に行き,何がどのように変わったのか確かめてきました。

相鉄線内のダイヤ改正変更点はこちらの記事で紹介しています


JR新宿駅の変化

相鉄直通線の開業に伴う埼京線ダイヤ改正で最も変化するのは新宿駅。直通線は埼京線の全区間に乗り入れるだけではなく,朝夕一部の列車を除いて新宿駅発着となるからです。

相鉄線から乗り入れてきたほとんどはの列車は,新宿駅で折り返し運転を行います。そのため,新宿駅の1番の変化としては新宿駅に相鉄直通線用のホームが新たに用意されることです。

主に各ホームの割り当ては,下記のようになります。

1番線:湘南新宿ライン(横浜方面),埼京線(大崎方面)
2番線:【始発】埼京線(相鉄線直通)
3番線:【始発】埼京線(大宮方面)
4番線:湘南新宿ライン(大宮方面),埼京線(大宮方面)

新宿駅では埼京線と湘南新宿ラインがホームを供用しています。
1番から4番線ホーム(2面4線)のうち,最も東口側にある1番線は主に渋谷・大崎方面行き,4番線を赤羽・大宮方面行きの列車が発着しています。内側の2番線と3番線は,主に折り返し列車が発着します。埼京線はダイヤ改正以前から新宿で折り返す列車が多数設定されていたので,新宿始発列車は内側の2番線または3番を使用していました。

今回のダイヤ改正では,2番線が新たに相鉄線直通列車の発着ホームに割り当てられています。

 

改札階の行き先表示板にも,相鉄線直通の文字が登場しました。
新たな直通運転開始により,埼京線の渋谷・大崎方面の列車はりんかい線直通と相鉄線直通の2パターンに分かれることになります。以前は,りんかい線に直通しない大崎止まりの列車がありましたが,現在は最終電車1本を残すのみで,ほとんどが新宿折り返しとなっています。

埼京線の運転区間は大宮~大崎駅間ですが,その半数は新宿駅が起終点になっており,大宮方面へと折り返す列車は,主に3番線から発着します。

新宿駅より南側,渋谷・大崎駅方面は,りんかい線直通と相鉄線直通が3対2程度の割合で運転されます。りんかい線直通の埼京線は日中は快速として運転しています。

 

階段入口の案内にも相鉄線直通が反映されたものに変更されています。

1番線2番線ホームから発着する渋谷・大崎方面への列車は埼京線が2系統,湘南新宿ラインが2系統の計4系統が混在するため,大崎駅より先に向かう場合は行き先に注意が必要です。

西大井駅と武蔵小杉駅へ向かう場合は湘南新宿ラインに加えて,相鉄線直通の列車も利用できるようになり選択肢が増えました。また,相鉄直通線は新宿駅始発かつ,まだ知名度が低いので座って移動できる可能性が高いです。

また,湘南新宿ラインで大船より先の横須賀線方面へ向かう場合も,新宿駅で湘南新宿ラインを待たずに,相鉄線直通の埼京線に乗って西大井駅または武蔵小杉駅で品川方面から来る横須賀線に乗り換えるという選択肢も生まれます。

 

新宿駅で折り返す相鉄直通の埼京線は2番線に発着します。

2番線には相鉄12000系が停車中。今回の相互直通運転に対応するために開発された最新型の車両です。従来の相鉄のイメージを払拭する大胆な前面デザインと新しいブランドカラー,ヨコハマネイビーブルーを身にまとった斬新な車両です。

 

直通線に使用される車両は相鉄12000系のほかに,埼京線で使用されているE233系7000番台が使用されいます。今後,相鉄車両でJR線直通に対応に更新した車両が登場するかもしれません。

 

訪れた日曜日は休日ダイヤ。日中は30分ごとに特急と各停が交互に運転される予定でしたが,当日はダイヤが乱れていたので各駅停車のみの運転でした。平日休日に限らず11時から15時台の新宿発着の列車は毎時2本のみ。

帰宅時間帯となる平日は16時,休日19時30分以降22時台までは特急として運転されています。特急は相鉄線内,西谷と二俣川,大和,海老名に停車します。羽沢横浜国大駅までのJR線区間は各駅に停車します。

 

にほんブログ村 鉄道ブログ 関東の鉄道へ


にほんブログ村

コメント