西武線で都心から直通!秩父への行き方【特急ちちぶ・S-TRAIN・各駅停車】

西武秩父駅停車中の001系

都心から日帰りで秩父観光へ

秩父は山地に囲まれた緑豊かな街で、長瀞岩畳や三峯神社といった有名な観光名所が点在しています。最近では街中にお洒落なカフェも点在しているので街歩きも魅力のひとつ。週末に日帰りで楽しむことのできる観光地です。

東京都心から秩父地方までのアクセスには西武線が便利。

西武池袋線の池袋駅から西武秩父駅までは特急列車で約1時間20分。少し遠いイメージのある秩父ですが、じゅうぶん日帰り圏内です。また、西武では割引料金で観光ができるおトクなきっぷも2種類発売しています。

この記事では、西武線を使って秩父へ行く場合の行き方と列車の種類を紹介しています。

西武線での秩父への行き方

都心から秩父まで行く列車は、主に3つの種類があります。

池袋駅からは特急列車が便利です。
西武秩父駅まで直通する「ちちぶ号」は毎時間1本運行しています。所要時間は1時間20分程度。ラビューと呼ばれる新型特急車両ですので移動中の車内も非常に快適です。別途指定席券の購入が必要です。

浜や渋谷方面からはS-TRAIN(Sトレイン)が便利です。
みなとみらい線の元町・中華街駅を起点に東急東横線、東京メトロ副都心線を経由して西武秩父駅まで約2時間15分で結びます。休日ダイヤに1往復だけの運転ですが、横浜や渋谷方面にお住まいの方にはおススメ。車両は通勤車両の40000系ですが、座席は2人掛けのクロスシートです。別途指定席券の購入が必要です。

追加料金の不要な列車は各駅停車です。
残念ながら都心方面から秩父に直通する料金不要の列車はありません。西武池袋線の急行で飯能駅まで行き、西武秩父行きの各駅停車に乗り継ぎます。飯能駅からの各駅停車はセミクロスシート(ボックス席)の車両で運行されています。

次に、それぞれの列車の停車駅や車内設備について詳しく紹介します。

特急ちちぶ号 (Laview)

西武秩父駅停車中の特急ちちぶ号
特急ちちぶの車両

特急ちちぶ号は池袋駅と西武秩父駅を最短で結ぶ列車です。

停車駅は池袋、所沢、入間市、飯能、横瀬、西武秩父です。平日・休日ともに1時間に1本の頻度で運行しているため利用しやすいです。途中停車駅も少なく、池袋から秩父方面駅間を約1時間20分で結んでいます。

可愛らしい座席と大きな窓が特徴

車両は2019年にデビューした001系Laview(ラビュー)。
建築家の妹島和世が監修した斬新な外観も印象的ですが、車内空間も他の車両にはない居心地の良さが特徴です。カーペット敷きの床とソファのような座席は居住空間のよう。もちろんリクライニングもできますし、無料WiFiと各座席にコンセントも備え付けられています。また、大型の窓ガラスは秩父の山々車窓から眺めるのにも最適です。

特急の乗車には指定席券の購入が必要。スマホで予約しそのまま乗車できるチケットレスサービス「Smooz」、ネットで予約し駅で引換が必要な「インターネット予約サービス」が便利です。また、駅窓口や特急券券売機でも購入が可能です。

S-TRAIN (Sトレイン)

西武秩父駅に停車中のSトレイン
Sトレインの車両

S₋TRAINは他社線から直通している座席指定制列車です。

休日ダイヤでは、みなとみらい線元町・中華街駅から東急東横線、東京メトロ副都心線を経由して西武秩父駅を結んでいます。関東私鉄4社5路線を直通する非常に珍しい列車。朝に元町・中華街駅発、夕方に西武秩父発の1往復のみの運行で、全線の所要時間は2時間15分です。

停車駅は元町・中華街、みなとみらい、横浜、自由ケ丘、渋谷、新宿三丁目、池袋、石神井公園、所沢、入間市、飯能、横瀬、西武秩父です。ちなみに池袋駅は往復ともに降車専用ですので乗車はできません。特急列車ではありませんが、停車駅は特急並みです。Sトレインは西武線内で石神井公園駅に停車するのが特徴です。

Sトレイン車内
Sトレインの車内

車両は40000系。クロスシートとロングシートが変更可能なデュアルシート機構を搭載しており、Sトレインでは2人掛けクロスシートで運行されます。車内ではWiFiサービスのほか窓側の座席にはコンセントが備わっています。

S-TRAINの乗車には指定席券の購入が必要です。スマホで予約しそのまま乗車できるチケットレスサービス「Smooz」、ネットで予約し駅で引換が必要な「インターネット予約サービス」が便利です。また、駅窓口や専用券売機でも購入が可能です。

各駅停車

西武秩父駅停車中の4000系
各駅停車の車両

西武秩父線で追加料金が不要な列車は各駅停車です。

西武池袋線の池袋や所沢方面から秩父方面に直通する列車は座席指定列車以外にはないため、飯能駅で一度乗換えが必要です。池袋方面から料金不要の列車で西武秩父まで行く場合は、急行飯能行きに乗車して、飯能駅で隣のホームに停車中の各駅停車西武秩父行きに乗り換えます。

肝心の池袋から西武秩父駅までの所要時間ですが、最短で1時間40分。各駅停車は飯能~西武秩父駅間で毎時2本程度の運転ですので、飯能駅での待ち時間が長い場合は2時間あまりかかる場合もあります。

西武4000系車内
各駅停車の車内はボックス席

車両は4000系の4両編成もしくは8両編成。都市部の電車とは違い、座席は向かい合わせのボックス席が中心のセミクロスシートで、車内にはトイレも設置されているので安心です。

飯能駅での乗換えテクニック

池袋~飯能駅間の列車が10両編成(8両編成)に対して、西武秩父行きの各駅停車は基本4両編成です。休日などは乗換えに遅れると座席に座れない場合もあります。池袋方面から飯能行きの列車に乗る場合は、あらかじめ進行方向前寄りの車両に乗車しておくとスムーズに乗換えが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。