【小田急線】2020年3月14日(土)ダイヤ改正のポイント!

小田急線

小田急電鉄では2020年3月14日(土)にダイヤ改正を行います。

2018年の代々木上原~登戸駅間複々線化完成後,朝ラッシュ時間帯の所要時間の短縮や快速急行の増発など格段に便利になりましたが,今回のダイヤ改正ではどのような変化があるのでしょうか。

この記事では2020年の小田急線ダイヤ改正のポイントをご紹介します。

2020年3月14日ダイヤ改正のポイント

まず,今回のダイヤ改正のポイントを紹介します。

  1. 朝ラッシュ時の各駅停車10両編成化
  2. 新百合ヶ丘駅多摩線ホーム到着時間帯の変更
  3. 多摩線直通急行の多摩線内種別変更(一部)
  4. 急行の経堂駅停車時間帯の拡大
  5. ロマンスカーの発車時刻変更と増発

2020年のダイヤ改正では2018年のように種別や停車駅などに大きな変更点はありません。今回は輸送力の増強や定時性の確保といった観点でのさらなる利便性が図られています。

各駅停車の10両編成運行拡大

平日朝のラッシュ時間帯の各駅停車を10両編成で運転します。

■対象
新宿駅に7時55分~8時35分に到着する各駅停車

■10両編成の各駅停車
改正前1本 → 改正後5本

10両編成各停主要駅時刻表①相模大野6:32→新百合ヶ丘6:56→向ヶ丘遊園7:11→成城学園前7:24→経堂7:35→下北沢7:42→代々木上原7:46→新宿7:55②相模大野6:52→新百合ヶ丘7:11→向ヶ丘遊園7:23→成城学園前7:35→経堂7:45→下北沢7:52→代々木上原7:57→新宿8:05③相模大野7:00→新百合ヶ丘7:24→向ヶ丘遊園7:34→成城学園前7:45→経堂7:55→下北沢8:02→代々木上原8:08→新宿8:15④相模大野7:15→新百合ヶ丘7:34→向ヶ丘遊園7:44→成城学園前7:55→経堂8:05→下北沢8:12→代々木上原8:16→新宿8:25⑤相模大野7:25→新百合ヶ丘7:44→向ヶ丘遊園7:54→成城学園前8:05→経堂8:15→下北沢8:22→代々木上原8:26→新宿8:35

これまでは急行や準急が10両編成に対して,各駅停車は8両編成が基本でした。10両分の停車スペースが確保できなかった代々木八幡駅の改良工事が昨年春に終了したため,今回のダイヤから10両編成化が本格化します。

ラッシュ時に車両が2両分増えることによって混雑緩和が期待できます。

新百合ヶ丘駅多摩線ホーム到着時間帯変更

帰宅ラッシュ時に町田・相模大野方面の列車が新百合ヶ丘駅多摩線3番ホームに到着する時間帯を変更します。

■小田急ロマンスカー
【改正前】18:42~23:42
改正後】18:02~23:42

■快速急行・急行(江ノ島線)
【改正前】18:32~22:53
【改正後】18:12~21:18

列車の本数が多く,混雑する帰宅ラッシュ時間帯の新百合ヶ丘駅では,下り方面の一部列車が多摩線ホーム(3番線)に停車します。3番線に到着するのは特急ロマンスカーと江ノ島線に直通する快速急行と急行です。小田原線の本厚木方面の列車は1番,2番線に到着しています。

今回の改正では3番線に到着する時間帯を前倒しします。
快速急行と急行は開始時刻を30分前倒し,終了時刻は1時間半ほど前倒しします。時間帯も短縮されますので,新百合ヶ丘駅から町田・相模大野方面の各駅停車に乗り換える利用者には朗報です。

特急は開始時刻を40分前倒しして18時2分から開始,終了時刻は現状と変わりません。

多摩線直通急行の一部種別変更

一部の多摩線直通急行が多摩線内各駅停車として運転します。

■対象(唐木田方面)
【平日】新宿駅22:43以降
【休日】新宿駅12:33~15:13発

■対象(新宿方面)
【休日】唐木田駅13:09~15:49発

多摩線直通の急行列車が新百合ヶ丘駅で種別変更します。対象の時間帯は下り方面で平日深夜帯と休日のデータイム,上り方面で休日のデータイムです。小田原線内新宿~新百合ヶ丘間は急行として運転し,多摩線内は各駅停車として運転します

多摩線で種別変更が行われるのは,今回が初めて。
今回の改正で,各駅停車しか止まらない多摩線各駅(五月台,黒川,はるひ野駅)の利用者は,新百合ヶ丘駅でホームを跨いだ乗換えが不要になり新宿方面へのアクセスが便利になります。

急行の経堂駅停車時間帯の拡大

急行列車が経堂駅に停車する時間帯が拡大します。

■時間帯
【改正前】平日22時以降
改正後】平日21時以降

経堂駅は条件付きの急行停車駅として徐々に格上げされ,平日下り帰宅ラッシュ時を除くすべての時間帯で急行が停車するようになっていました。今回の改正で,急行停車を再開する時間帯が1時間前倒しになり,21時台から停車するようになります

近年は遠方の速達列車として快速急行が増発された影響で,比較的都心に近い経堂駅に急行が停車しています。今回の改正を受けて,21時台の各駅停車は8本から6本へ減少します。

特急ロマンスカーのパターンダイヤ化

新宿駅発の特急ロマンスカー発車時刻がパターン化します。

平日21時以降の新宿発のロマンスカーは,

【小田原方面】毎時00分,40分
【藤沢方面】 毎時20分

に統一されます。
小田原線の特急は毎時2本で20~40分間隔,江ノ島線の特急は毎時1本で60分間隔となり,改正前よりも覚えやすい時刻設定になります。

新宿駅最終のロマンスカーは23時40分発の本厚木行きです。

休日ロマンスカーの増発と時刻変更

観光利用の多い土休日ダイヤの下りロマンスカーを1本増発します。

■増発
さがみ号 新宿駅発9:40
※相模大野駅までえのしま号を併結

増発するさがみ号は,EXEもしくはEXEαでの運転です。
まえ6両がさがみ号の箱根湯本行き,うしろ4両がえのしま号の片瀬江ノ島行きとして途中の相模大野駅まで走ります。

また,土日休ダイヤの新宿駅最終のロマンスカー発車時刻を繰り下げます。

■出発時間
【改正前】23:20
【改正後】23:40

 

にほんブログ村 鉄道ブログ 関東の鉄道へ
にほんブログ村

コメント

  1. […] 【小田急線】2020年3月14日(土)ダイヤ改正のポイント!小田急電鉄では2020年3月14日(土)にダイヤ改正を行います。各駅停車の10両編成化や多摩線急行の種別変更,急行の経堂駅停車時間帯拡 […]