沿線観光に便利!小田急線のお得なきっぷ&フリーパス案内

小田急線

新宿から箱根や江の島方面を結んでいる小田急線。
沿線観光を楽しむためのお得なきっぷを数多く販売しています。

この記事では,小田急電鉄で販売している観光フリーパスなどのお得なきっぷについて紹介します。

お得なきっぷの種類

小田急線のお得なきっぷは,

  1. 小田急線が乗り放題になる1日乗車券
  2. 往復券と現地のフリーパスがセットになった観光周遊券
  3. 往復券と現地施設の利用券がセットになったクーポン券

の3種類に分かれています。

もっとも便利なものが観光周遊券で,これが一般的なフリーパスを指します。出発駅からの往復乗車券に加えて、観光エリアの鉄道やバスが乗り降り自由。

出発駅で購入しておけば,現地の移動までフリーパス1枚で済ませることができて便利。鉄道や路線バスは何度も乗り降りすると,その都度支払いが発生して運賃も高額になってしまうことがあります。そのため,現地でしっかり観光する場合はフリーパスが断然おトク。また,提携している観光施設や飲食店にきっぷを提示することで優待や割引が適用されるのもポイントです。

現在は,東京箱根江の島・鎌倉丹沢大山宮ヶ瀬ダム伊東の6ヶ所9種類のきっぷが発売されています。

利用期間は各きっぷによって異なりますが,東京都心を基準にして距離の近い場所は1日券、比較的離れている場所は2日~3日間利用できます。

購入方法も簡単で、伊東以外のフリーパスは駅の自動券売機で購入可能。
箱根フリーパスについては全国のセブンイレブンで事前に購入することもできます。

そのほか,往復券と施設の利用券がセットになった割引クーポンもあります。
箱根エリアの温泉施設や美術館が対象で,小田急線の駅で販売しています。自動券売機は対応していないため、駅窓口で直接購入します。

1日全線フリー乗車券

小田急線の1日フリーパス。
小田急線全線(小田原線・江ノ島線・多摩線)が1日乗り降り自由です。

2019年に新たに発売した新しいきっぷ。通年販売ではなく,発売期間は学校の長期休暇に合わせた期間内に限り発売しています。また小田急が企画するスタンプラリーやリアル宝探しなどのイベント開催期間にも発売。

小田急線を1日に何度も乗り降りする場合にはこのきっぷが最適です。

発売期間:3月21日~4月5日(春休み)
     4月28日~5月6日(GW)
     7月1日~8月31日(夏休み)
     12月25日~1月10日(冬休み)
     その他イベント開催時
有効期間:1日
途中下車:往復区間でも可能
料金  :おとな2,000円,こども1,000円
販売場所:小田急線の各駅自動券売機or窓口
     小田急トラベル各営業所

小田急東京メトロパス

1.小田急線の往復乗車券
2.小田急線新宿~代々木上原間乗り降り自由
3.東京メトロ全線乗り降り自由
4.観光スポット&飲食店優待割引

小田急線の往復乗車券と東京メトロ全線1日乗車券が付いたおトクなきっぷ。
東京メトロ8路線が乗り降り自由なため、都心での買い物や観光に便利です。

「ちかとく」と呼ばれる特典が付いており、東京都内の100施設以上で優待割引を受けることができます。特典の内容は東京メトロのHPで見ることができます。

小田急の販売するフリーパスは往復区間においても途中下車が可能なものが多いですが、東京メトロパスでは認められていませんのでご注意ください。

発売期間:通年
有効期間:1日
途中下車:不可
主な料金:

新百合ヶ丘  おとな970円,こども490円
町田     おとな1,090円,こども550円
多摩センター おとな1,070円,こども540円
藤沢     おとな1,450円,こども730円


販売場所:小田急線の各駅自動券売機or窓口 (新宿~代々木上原間を除く)

箱根フリーパス

1.小田急線の往復乗車券
2.箱根エリア8つの交通機関のフリーパス
3.観光スポット&飲食店優待割引

小田急線の往復乗車券と箱根エリアの乗り物フリーパスが付いたおトクなきっぷ。
箱根登山鉄道や箱根遊覧船をはじめとする箱根エリア8つの乗り物が乗り降り自由です。

また、美術館や温泉施設などエリア内65施設で割引等の優待を受けることができます。

きっぷは2日用と3日用の2種類があり、料金が異なります。
小田急線以外にも相鉄線と西武線の各駅でも販売しています。

発売期間:通年
有効期間:2日間or3日間
途中下車:往復区間でも可能

主な料金:2日券
新宿     おとな5,700円,こども1,500円
新百合ヶ丘  おとな5,490円,こども1,450円
町田     おとな5,420円,こども1,420円
多摩センター おとな5,600円,こども1,480円
小田原    おとな4,600円,こども1,000円

主な料金:3日券
新宿     おとな6,100円,こども1,750円
新百合ヶ丘  おとな5,890円,こども1,700円
町田     おとな5,820円,こども1,670円
多摩センター おとな6,000円,こども1,730円
小田原    おとな5,000円,こども1,250円

販売場所:小田急線の各駅自動券売機or窓口
     小田急トラベル各営業所
     主な旅行代理店
     セブンイレブン各店舗
     西武線,相鉄線(海老名経由)の各駅

江の島・鎌倉フリーパス

※詳しくは下記記事で紹介しています

江の島1dayパスポート

※詳しくは下記記事にて紹介しています

丹沢・大山フリーパス

丹沢大山方面へのハイキングや登山に便利なきっぷ。

小田急線の往復乗車券に加え,小田急線の本厚木から渋沢間とエリア内の路線バスが乗り降り自由です。

阿夫利神社のある大山や美人の湯としても知られる飯山温泉,日向薬師などへのハイキングに最適です。AきっぷとBきっぷの2種類あり,Aきっぷでは大山ロープウェイも乗り降り自由です。エリアの22施設で割引等の優待を受けることができます。

発売期間:通年
有効期間:2日間
途中下車:往復区間でも可能

販売場所:小田急線の各駅自動券売機or窓口
     小田急トラベル各営業所
     主な旅行代理店(Bきっぷのみの取扱い)
     相鉄線各駅

Aきっぷ

1.小田急線の往復乗車券
2.小田急線本厚木~渋沢間乗り降り自由
3.神奈中バス指定区間乗り降り自由
4.大山ケーブルカー乗り降り自由★
5.観光スポット&飲食店優待割引

 ★はAきっぷのみの特典

主な料金:Aきっぷ
新宿    おとな2,470円,こども1,230円
新百合ヶ丘 おとな2,140円,こども1,080円
町田    おとな2,020円,こども1,010円
多摩センターおとな2,270円,こども1,140円
藤沢    おとな2,290円,こども1,150円
小田原   おとな2,000円,こども1,000円

Bきっぷ

1.小田急線の往復乗車券
2.小田急線本厚木~渋沢間乗り降り自由
3.神奈中バス指定区間乗り降り自由
4.観光スポット&飲食店優待割引

主な料金:Bきっぷ
新宿    おとな1,530円,こども760円
新百合ヶ丘 おとな1,200円,こども610円
町田    おとな1,080円,こども540円
多摩センターおとな1,330円,こども670円
藤沢    おとな1,350円,こども680円
小田原   おとな1,060円,こども530円

宮ヶ瀬ダムハイキングパス

1.小田急線の往復乗車券
2.神奈川中央交通バス指定区間乗り降り自由
3.観光スポットの優待割引

神奈川県愛川町にある宮ヶ瀬ダム周辺のハイキングに便利なきっぷです。

本厚木駅までの小田急線往復乗車券と宮ヶ瀬エリアの路線バスフリーパスが付いています。
宮ヶ瀬方面に向かう路線バスは2系統ありますが,どちらも本厚木駅から発着しています。

宮ヶ瀬ダム横を昇降するインクラインや遊覧船の割引優待もついているため,ハイキングだけではなく観光にもおススメです。

発売期間:通年
有効期間:2日間
途中下車:往復区間でも可能
主な料金:

新宿    :おとな1,760円,こども890円
新百合ヶ丘 :おとな1,430円,こども720円
町田    :おとな1,340円,こども680円
多摩センター:おとな1,560円,こども790円

販売場所:小田急線の各駅自動券売機or窓口(本厚木駅を除く)

伊東観光フリーパス

1.小田急線,JR東海道線,伊東線の往復乗車券
2.東海バス指定区間乗り降り自由
3.観光スポット&飲食店優待割引

温泉地としても知られる伊東と,風光明媚な伊豆高原への観光に便利なきっぷ。
小田急線沿線から伊東駅までの往復乗車券とエリア内の路線バスフリーパスが付いています。

小田急線は伊豆半島まで走っていないため,小田原駅からJR線を利用します。小田原から熱海までは東海道本線,熱海から伊東までは伊東線の普通車自由席に乗車することができます。

発売期間:通年
有効期間:2日間
途中下車:往復区間は不可
主な料金:

新宿    おとな4,400円,こども2,190円
新百合ヶ丘 おとな3,900円,こども1,950円
町田    おとな3,820円,こども1,910円
販売場所:小田急線の各駅窓口(多摩線,小田原駅を除く)
     小田急トラベル各営業所

各種温泉クーポン

1.小田急線,箱根登山鉄道の往復乗車券
2.温泉施設1か所の入浴券
3.4つの施設の優待割引

箱根フリーパスとは別に温泉クーポンも発売されています。

小田急線と箱根登山鉄道の往復券と温泉入浴券がセットになったもので、
休日をゆったりと箱根の温泉で過ごしたい方にはこちらもおススメです。

自動券売機では発売されておらず、駅窓口で購入する必要があります。

日帰り温泉 箱根湯寮クーポン

対象施設:箱根湯寮
往復区間:出発駅~箱根湯本駅
主な料金:新宿駅

小田急箱根レイクホテル(日帰り)入湯クーポン

対象施設:小田急箱根レイクホテル
往復区間:新宿発着の小田急高速バス
主な料金:新宿

箱根小涌園ユネッサン 湯遊びクーポン

対象施設:箱根小涌園ユネッサン
往復区間:出発駅~強羅駅~箱根登山バス(指定区間)
主な料金:新宿

湯の里おかだ 温泉三昧クーポン

対象施設:湯の里おかだ
往復区間:出発駅〜箱根湯本駅
主な料金:新宿

箱根野天風呂クーポン

対象施設:天山湯治郷
往復区間:出発駅〜箱根湯本駅
主な料金:新宿

コメント