宇都宮線の乗りトク列車!快速 烏山山あげ祭号

乗りトク列車

夏といえば日本各地で伝統的なお祭りが開催される時期。

毎年7月には新宿から臨時列車『烏山山あげ祭号』が運転されています。

山あげ祭とは,栃木県にある那須烏山市にて毎年7月に行われる伝統祭礼。2016年にはユネスコ無形文化遺産に登録されたこともあって注目が集まっています。

この記事では烏山山あげ祭号の運行日や時刻,使用車両などの基本情報と乗車記を併せてご紹介しています。

烏山山あげ祭号とは

1. 烏山山あげ祭の開催日に運行される臨時列車
2. 運行区間は新宿駅から宇都宮線宝積寺駅
3. 全車指定制で座席指定券の購入が必要
4. 青春18きっぷでも乗車可能(要指定席券)

快速烏山山あげ祭号はJR東日本の臨時列車のひとつ。
その名の通り那須烏山市で行われる「烏山山あげ祭」の開催に合わせて運転されています。

例年7月最終土日に運転。東京方面からの観光輸送を目的としているため,始発は新宿駅です。大宮駅までは湘南新宿ラインと同じルートを辿り,その先は宇都宮線に乗り入れて栃木県の宝積寺駅を結びます。

停車駅は,新宿,池袋,赤羽,浦和,大宮から先は久喜,小山,宇都宮の3駅にしか停車しません。同じ区間を走る湘南新宿ラインの快速や上野東京ライン経由の快速ラビットよりも停車駅はかなり少ないです。

山あげ祭会場に行くためには,終点の宝積寺駅からJR烏山線に乗り換えが必要
会場の最寄駅である烏山駅までを結んでいるJR烏山線は,2両編成の蓄電池車が走る非電化ローカル線で,電車が乗り入れることが出来ません。宝積寺駅から終点の烏山駅までは30分ほどで到着します。

253系という特急型の車両で運転されており,全席座席指定制です。
そのため,あらかじめ座席指定券を購入しておく必要があります。特急ではなく快速列車のため,特急券は必要ありません。指定席券は特急券よりも安く,全区間乗車しても520円です。

 

18きっぷでも乗車可能

夏休み期間の鉄道旅行といえば,青春18きっぷ。

1回あたり2,370円で全国のJR線普通列車が1日乗り放題になるきっぷで,春・夏・冬の長期休暇に合わせて発売されています。普通列車しか乗車はできませんが,座席指定券を別途購入すれば快速列車にも乗車することができます。

烏山山あげ祭号にも18きっぷが乗車券代わりに利用でき,追加520円で乗車することができます。通常の宇都宮線や湘南新宿ラインよりも停車駅が少なく,座席のグレードも高いためかなりおトクです。

宇都宮線内は特急などの優等列車は走っておらず,すべて通勤用の車両です。
主力車両のE233系は座席の大半がロングシートで硬く,長距離の移動には正直向いていません。すべての列車に2階建てのグリーン車が付いているため,18きっぷでもグリーン券を購入することで乗車可能。ただし,指定席ではなく全車自由席のため座席確保の保証はありません。

グリーン券は平日と休日で料金が異なります。
新宿から宇都宮駅間で乗車する場合は,平日は1,000円,土日は800円(ホリデー料金)です。

JR烏山線は,盲腸線と呼ばれる行き止まり路線のため乗車する機会は少ないと思います。
山あげ祭の機会に,栃木県までの快適に移動して烏山線の途中下車の旅を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

山あげ祭号の基本情報

運転日

毎年7月最終土曜日,日曜日(山あげ祭の会期中)

烏山山あげ祭の開催日に合わせて運転されるため,運転日は毎年異なります。
お祭りは通常7月最終土曜,日曜日の2日間行われますが,最新の情報は公式ホームページ等で必ずチェックしましょう。2019年は7月28日(土)と7月29日(日)の2日間で1往復ずつ運転されました。

運転日や車両は毎年5月中旬にJR東日本のホームページで発表される「夏の増発列車のお知らせ」や市販の時刻表の巻頭にて確認できます。

 

運行区間&時刻表

【往路】宝積寺行き
新宿駅 8:57
池袋駅 9:04
赤羽駅 9:14
浦和駅 9:23
大宮駅 9:32
久喜駅 9:52
小山駅 10:21
宇都宮駅10:50
宝積寺駅11:02

【復路】新宿行き
宝積寺駅15:51
宇都宮駅16:03
小山駅 16:25
久喜駅 16:51
大宮駅 17:09
浦和駅 17:15
赤羽駅 17:23
池袋駅 17:33
新宿駅 17:39

指定席料金

快速列車の座席指定券の金額は通常期で530円です。
距離に応じて金額が変動する特急料金とは違い,全区間乗車しても金額は変わりません。臨時列車は人気が高く,満席になることも多いので予定が決まったら早めに座席指定券を購入をおススメします。

 

運行車両

山あげ祭号は253系6両で運転されています。

特急列車として運用されているグレードの高い車両です。
現在は東武日光線に乗り入れて東武日光駅を結ぶ特急『日光号』と,東武鬼怒川線に乗り入れて鬼怒川温泉駅を結ぶ特急『きぬがわ号』に使用されています。

もともとは成田空港へのアクセスを目的とした成田エクスプレスの専用車両として開発されましたが,2011年に日光方面の観光用特急として内外共にリニューアルしています。

 

6両編成すべてが指定席車で,グリーン車は付いていません。
新宿発の場合,先頭車が1号車いちばん後ろが6号車の順番です。
座席は進行方向左側からA,B,C,Dの順番で並んでいます。
残念ながら,車内販売の営業は行っていません。

特徴としては特急車両のなかでも座席幅(シートピッチ)が広く,1,100㎜あります。

通常の特急車両は座席幅が1,000㎜を下回ることが多いので,1人あたりのスペースが広く快適な車両と言えます。日光号には東武鉄道の特急車両「スペーシア」も使用されるため,東武車両の座席幅に合わせたものと考えられます。

 

チケット購入・乗車方法

チケット購入方法

座席指定券は列車運転日の1ヶ月前10時から発売開始します。

全国のみどりの窓口や旅行会社,窓口に並ばなくてもJR東日本の駅であれば指定席券売機でも購入することができます。また,JR東日本のチケット予約サイト「えきねっと」でも購入可能。

WEB購入の場合はチケットレスではなく,必ず事前にJR東日本の駅で受け取りが必要です。


コメント

  1. こんにちは。
    臨時列車の旅読んでいてワクワクしました。
    これに乗って烏山山あげ祭に行ってみたいものです。

    • fujitrip fujitrip より:

      トムマンクスさん

      コメントありがとうございます。
      臨時列車って特別感あっていいですよね!
      夏はほかにもいろいろな列車が走っていておススメです。