鎌倉の古道を歩くⅲ/名越切通し

鎌倉寺社巡り
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

鎌倉市と逗子市を隔てる山地に残されている名越切通し。
現在ではJR横須賀線と県道311号線の隧道が通っており、難なく通り抜けることができます。

街を隔てる丘陵地の尾根沿いには、山肌の迫った険しく狭い古道が残されており、
鎌倉七口の中でも往時の雰囲気をよく残している史跡です。

また、周囲には葬送にまつわる史跡も残っていることも特徴。
古より墓地などの死にまつわる場所は都市部から離れた周縁地に設けられることが多いためです。

名越切通しは、鎌倉と三浦半島を結ぶ要衝として整備されました。

明治時代まで継続的に利用されてきた道のため、中世の環境がそのまま残されているわけではありませんが、自動車はおろか自転車でも到達不可能な場所にあるため独特の雰囲気は保たれています。

道沿いに残された「まんだら堂やぐら群」は鎌倉有数のやぐら群で150穴以上が現存。
やぐらは鎌倉特有の葬送方法で、横穴式の納骨場所や供養地を指します。
長らくの間、立ち入りが禁止されていましたが、現在は季節限定で公開されています。


切通しの特徴である山深く険しい道と、行く手を阻むような切り立った岸壁は大小3ヶ所残されています。
外敵の侵略を拒むように狭まった場所や迎え撃つための平場跡もあり軍事的要衝であったことを感じさせてくれます。
石切り場跡とされる大切岸の光景もまた圧巻です。


名越切通しを下った先にあるのは、現代版名越切通し。
一方通行の自動車用隧道が上下3本ずつ山肌を貫通していて、計6本の隧道が鎌倉と逗子方面を結んでいます。

隧道はもっとも鎌倉側に位置するものが名越隧道、中間が逗子隧道、逗子側が小坪隧道となっておいて、現在下り専用。のちに完成した上り用の隧道は新名越隧道、新逗子隧道、新小坪隧道と名が付いています。

昭和後期には鎌倉随一の心霊スポットとして知られていましたが、
上下線を分離して新しい隧道を造るなど大規模な改修が行われたこともあって近年は話題になっていません。

インターネットなどで検索すると多くの都市伝説を読むことができます。
有名な話は神の長い女性が立っている、通行中にボンネットに女性が落ちてくるなど、ありがちなお話。怪しげな場所であることは間違いないようで、それが頭上にあるまんだら堂に起因するのではないかともいわれています。

川端康成の小説、『無言』でもこの隧道と思われる描写と回想があります。

この一帯は鎌倉そして逗子の境界にあたります。
境界とは、人々が遠ざけようとする存在や概念が寄せ集められる空間として成り立つことは、昔も今も変わらないのですね。地図を眺めると付近には火葬場や清掃工場、病院などが集まっていました。

コメント