兼六園方面のアクセスに便利!兼六園シャトルの使い方【ルート・乗り方・運賃】

金沢でもっとも有名な観光地のひとつ、兼六園。
兼六園とJR金沢駅を結ぶ路線バス「兼六園シャトル」が運行しています。

この記事では、兼六園方面へのアクセスに便利な兼六園シャトルのルートや運賃、乗車方法などをご紹介します。

兼六園シャトルとは

兼六園シャトルは北陸鉄道が運行する市内周遊バス。

観光利用者向けに金沢駅と兼六園方面を最短で結んでいます。

同じく北陸鉄道が運行する「城下まち金沢周遊バス」が市内をぐるりと一周しているのに対して、兼六園シャトルは駅と兼六園方面を一直線に結んでいます。そのため、兼六園までの所要時間が短いのが特徴です。

近江町市場や金沢21世紀美術館などにも停車するので、途中下車して観光することもできます。

ルート&運転時間

兼六園シャトルは金沢駅と兼六園方面を往復しています。

金沢駅東口(兼六園口)では、駅にもっとも近い6番のりばから発車します。

【停留所】金沢駅東口→武蔵ヶ辻・近江町市場(いちば館前)→南町・尾山神社→香林坊(アトリオ前)→香林坊(四高記念館前)→広坂・21世紀美術館(しいのき迎賓館前)→県立美術館・成巽閣→兼六園下・金沢城(観光物産館前)→兼六園下・金沢城(石川門向い)→広坂・21世紀美術館(しいのき迎賓館向い)→香林坊(日銀前)→南町・尾山神社→武蔵ヶ辻・近江町市場(めいてつ・エムザ黒門小路前)→金沢駅東口

兼六園シャトルは日中は20分間隔で運転しています。

金沢駅東口の始発は9時30分。
終発は17時50分に金沢駅を出発し、兼六園下・金沢城バス停に18時10分、折り返して金沢駅東口に18時30分に到着します。

運賃&乗り方

平日:おとな200円、こども100円
休日:おとな100円、こども50円

兼六園シャトルの運賃は2種類あります。

平日は他の路線バスと同じ200円ですが、休日は半額で乗車することができます。
均一運賃のため、乗車区間に関わらず運賃は同額です。

乗り方

バスは中扉から乗車して、前扉から降車します。

運賃は後払い制のため、降りる時に運転席横の運賃箱に入れます。
お釣りは出ませんので、予め小銭を用意しておくとスムーズです。

車内で両替もできますが、紙幣の対応は1,000円札のみとなっています。

たくさん乗るなら1日乗車券も便利です。
北鉄バスの指定エリア内が乗り降り自由になる「北鉄バス1日フリー乗車券」が販売されています。

1日乗車券

路線バスに何度も乗車する場合は、1日乗車券がお得です。

「北鉄バス1日フリー乗車券」を購入すると、兼六園シャトルのほか観光に便利な金沢周遊バスも乗り放題になります。また、北鉄バスの金沢市街地(指定区間)も乗り降り自由です。

金額はおとな500円、こども250円。

兼六園までの往復だけではお得になりませんが、平日なら3回以上乗ることで元を取ることができます。

休日は兼六園シャトルだけだと7回以上乗らないと元は取れませんが、金沢周遊バスは休日も運賃は200円なので、他のバスも乗るのであればお得です。

北鉄バス1日フリーきっぷについては下記の記事で詳しく紹介しています。

路線バスで金沢観光!北鉄バス1日フリー乗車券の使い方【販売場所・料金・乗車方法】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です