JR東海道本線 掛川駅を訪ねる~天浜線が分岐する城下町の駅~

JR東海道本線の掛川駅

掛川駅は静岡県掛川市の中心駅です。東海道新幹線と東海道本線の駅で、天竜浜名湖鉄道の起点駅にもなっています。掛川城の城下町、東海道の宿場町として古くから栄えた街で、掛川城には復元天守があります。

JR東海 東海道本線 掛川駅

JR東海道本線掛川駅ホーム

掛川駅は東海道新幹線と東海道本線、天竜浜名湖鉄道の駅です。

3路線の駅は東西方向に並行して設けられており、南側から東海道新幹線、東海道本線、天竜浜名湖鉄道(天浜線)の順にホームがあります。出口は南口(新幹線側)と北口(在来線側)の2ヵ所あり、改札内の地下通路と跨線橋線で結ばれています。

天浜線の駅は北口側に単独の駅舎と改札口がありますが、東海道本線のホームとは構造的に繋がっているため、東海道本線の1番線との間に乗換え専用改札が設けられています。

掛川駅始発の東海道本線
当駅始発の豊橋行き普通列車 (2018)

新幹線も停車する駅のため、静岡地区の東海道本線の駅では規模も比較的大きく、乗降客数も多い掛川。新幹線の高架駅舎がある南口と、木造駅舎のある北口で大きく雰囲気が異なります。市街地に隣接するのは北口ですが、広々とした駅前ロータリー周辺には高い建物も少なく、やや落ち着いた印象でした。

掛川駅に停車する列車

掛川駅ホーム
JRと天浜線はホームが繋がっている (2018)

掛川駅には東海道新幹線はこだま号のみ停車。各方面毎時2本程度の発着です。東海道本線は平日朝夕のホームライナーを含む普通列車がすべて停車、浜松方面へは当駅始発の列車も多く設定されています。天浜線はすべて当駅始発で毎時1,2本の運転本数です。


掛川駅ホーム
掛川駅停車中の東海道本線車両
掛川駅始発の東海道本線
天竜浜名湖鉄道の掛川駅

掛川駅周辺と観光名所