JR鶴見線 浜川崎駅を訪ねる~臨港工業地帯のターミナル駅~

浜川崎駅は川崎市川崎区にあるJR鶴見線の駅。南武支線と貨物駅が隣接しており、川崎臨港工業地帯のターミナル駅として貨物列車が行き交います。

JR鶴見線 浜川崎駅

浜川崎駅はJR鶴見線のです。

川崎臨港工業地帯を縦断する鶴見線と、南武線の尻手駅から枝分かれする浜川崎支線の接続駅。鶴見線がほかの路線と接続するのは起点の鶴見駅を除くと、ここ浜川崎駅だけです。

ただし、ホームと駅舎は別々にあります。鶴見線は鶴見臨港鉄道、南武線は南武鉄道別々の私鉄が敷設したのが理由です。前者は1943年、後者は1944年にそれぞれ国有化されました。現在でも一般道路を挟んで駅出入口が向き合う構造になっています。

鶴見線の駅は島式1面2線のホーム。3番線が扇町方面、4番線が鶴見方面です。当駅から鶴見方面は複線、扇町方面は単線となります。そのため、鶴見駅発着の列車の約半数は当駅で折り返します。昭和・扇町駅方面は極端に本数が少なくなり、日中は2時間に1本程度の運行です。

鶴見線の車両は3両編成のため、駅はコンパクトでホーム幅も非常に狭いです。扇町方面に向かって少しカーブを描いており、ホームの末端に出口への階段があります。

JR南武線(浜川崎支線)浜川崎駅を訪ねる~臨港工業地帯の終着駅~
人気のまばらな休日のホーム (2015)
4番線から鶴見方面を見る (2017)
狭いホームに味わい深い木製の屋根 (2017)
ホームはゆるやかにカーブしている (2015)
駅の南側はJFEスチールの工場 (2017)
鶴見線浜川崎駅入口 (2015)

JR鶴見線 浜川崎駅の画像

JR鶴見線 浜川崎駅の情報

路線 :鶴見線、JR南武線(浜川崎支線)、JR貨物

住所 :神奈川県川崎市川崎区鋼管通り5丁目
開業日:1926年3月10日(旅客営業は1943年7月1日)
訪問日:2017年7月22日
    ※画像はすべて訪問時に撮影したものです


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。