東海道新幹線で横浜観光へ!便利でおトクなEXみなとぶらりチケットの使い方

関東と東海や西日本を結ぶ東海道・山陽新幹線。
大都市間を速達で結んでおり、ビジネスだけではなく旅行などの行楽にも便利です。

東海道・山陽新幹線にはエクスプレス予約という会員制のチケットサービスがあり割引率も高くかなりオトク。さらに横浜観光をする際には、現地で利用可能なおトクな1日乗車券を会員限定で販売しています。

今回は便利でおトクなEX予約と、横浜観光時におススメな「EXみなとぶらりチケット」の魅力と購入方法などの情報をご紹介します。

EX予約とは?

エクスプレス予約(以降:EX予約)とは会員制のネット予約サービスです。

会員制のため入会と年会費が必要。
予約時には必ず割引が適用されるため、特別価格で新幹線に乗車することができます。

EX予約では東海道新幹線および山陽新幹線の予約が可能
使い方は簡単でWEBやアプリを通じて予約を行い、当日は専用のICカードで改札機を通るだけです。

チケットレスのため、事前にみどりの窓口に並んできっぷを購入する必要もありません。また、予約してから何度でも内容の変更が行えるなど非常に便利なサービスです。

クレジットカードが付帯するため、入会には審査があります。
すぐにサービスを利用できませんので利用を検討する際は早めに申し込みを行うことをオススメします。

もっと気軽なスマートEX

スマートEXは年会費無料の予約サービスです。

一言でいうと、SuicaやICOCAといった交通系ICカードで新幹線に乗車することができます

予約はEX予約と同じくWEBやアプリから行い、支払いはご自身の利用しているクレジットカードと連帯することが可能です。

EX予約との一番の違いは、チケット購入時の割引率です。
EX予約は通常でも1.5%ほどの割引があるのに対して、スマートEXの割引は数百円程度。それでも通常のきっぷよりは安いため、年会費無料ですから非常におトクなサービスです。

誰でも気軽に始められるため、EX予約よりもハードルは低め。
スマートEXではチケットレスでスムーズな新幹線乗車を気軽に始めることができます。

会員限定フリーパスも

ビジネス用に展開されているEX予約ですが、プライベートでの利用にも便利。

東海道新幹線沿線には東京や京都といった都市型の観光地が点在しているので、EX会員限定向けの観光フリーパスも発売されています。

これらのフリーパスの購入には、改札入場時に自動改札機から発券される乗車票やきっぷ発券時のクレジットカード利用票が必要になるので注意しましょう。

EXみなとぶらりチケットとは

EXみなとぶらりチケットは、Ex予約利用者限定で販売しているフリーパス。

横浜市交通局が発売している横浜観光用のフリーパス「みなとぶらりチケットワイド」を特別価格で購入することができます。

このチケットでは、エリア内の市営地下鉄と市営バスが1日乗り放題になるほか、当日エリア内の観光地や飲食店でチケットを提示するだけで優待割引サービスを受けることもできます。

もちろん新横浜駅もエリア内に含まれているため、購入後すぐにチケットを利用することができます。新横浜駅から横浜駅までは市営地下鉄ブルーラインで約11分です。

利用可能エリア

1. 横浜市営地下鉄ブルーライン
  (新横浜駅・横浜駅〜伊勢佐木長者町駅間)
2. 横浜市営バス(エリア内の全路線)

  観光周遊バス「あかいくつ」
  観光SAN路線にも乗車可能

横浜市営地下鉄はブルーラインの指定区間のみ乗車可能です。

横浜駅、高島町駅、桜木町駅、関内駅、伊勢佐木長者町駅の5駅間が乗り降り自由なほか、新横浜〜横浜駅間も乗車可能です。

ただし、新横浜から横浜駅間の各駅(岸根公園駅,片倉町駅,三ッ沢上町駅,三ッ沢下町駅)では下車できませんのでご注意ください。

市営バスはエリア内すべての路線バスに乗車できます。
利用できるバスは横浜駅前バス停(横浜駅東口)もしくは桜木町駅駅前バス停を起点としています。エリア外まで乗車した場合は、別途運賃が必要となりますのでご注意ください。

観光には主要観光地を巡回している観光周遊バス「あかいくつ」が便利。赤くクラシカルな車両で乗り間違いも少なく、循環バスなのでエリア外に乗り越してしまう心配もありません。

路線バスと地下鉄でお得に横浜観光!みなとぶらりチケットの使い方

金額と発売場所

有効期間:1日
発売金額:おとな500円(250円)
発売場所:市営地下鉄新横浜駅
     (駅事務室または改札案内所)

EXみなとぶらりチケットの金額は500円。
同等の「みなとぶらりチケット」は550円で販売されているため50円ほどお得です。

購入場所は市営地下鉄ブルーラインの新横浜駅。
取り扱っているのはこちら1ヶ所のみとなりますので注意しましょう。ほかのきっぷのように自動券売機では購入することができませんので、改札案内所か駅事務室の有人窓口にて購入します。

購入できる条件

EXぶらりみなとチケットの購入には条件があります。

東海道・山陽新幹線をEX予約またはスマートExを利用して、新横浜駅まで利用した場合のみ購入できます。そのため先述したとおり、有人窓口でないと購入することができません。

購入の際には、駅係員から実際にEX予約等を利用したかどうか確認されます。
乗車が確認できる照明は以下の通りです。

ICカード乗車…新幹線改札入場時に発券されるEXご利用票
きっぷを発券…きっぷ受取り時に発券されるご利用票兼領収証

自動改札機通過時に「座席のご案内」と書かれた定期券サイズのご利用票が出てきます。
新幹線の車内で座席を確認したあとも無くさずに取っておきましょう。

Ex予約で複数人分予約した場合は、当日にきっぷの受取りが必要です。
改札入場前に新幹線駅にある受取り専用の機械にカードをEX入れて、きっぷを受取ります。
発券時に通常のきっぷよりも少し横長サイズのご利用票兼領収書が出てきます。

チケットの使い方

チケットは購入時に利用日を押印してもらいます。

購入当日に利用する場合が多いと思いますが、きっぷの表面に押印してもらった乗車日に限り利用することができます。もしも、翌日など別日に利用したい場合は購入時に申し出ましょう。

乗車方法は下記のとおりです。
地下鉄とバスでチケットの提示方法が異なります。

地下鉄 …改札通過時に係員にチケットの日付を見せる
路線バス…乗車時に乗務員にチケットの日付を見せる

地下鉄では係員のいる有人改札でチケットの日付を見せて通過します。
チケットが紙製のため、残念ながら自動改札機は利用できません。

市営バスは乗車時に乗務員にチケットを提示します。
市営バスは均一運賃制のため、運賃は前払い制です。
前の扉から乗って、後ろの扉から降りる方式のためチケットは乗るときに見せましょう。

観光施設などで優待割引を受ける際も、会計前にチケットの日付をスタッフに提示します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です